人間関係が疲れる原因とその対処法

2017.4.21 公開 | 2017.5.2 更新

042110pixta_27690385_L-min

職場での人間関係に疲れていませんか?人間関係が疲れると感じる原因とその対処法についてご紹介します。

「会社での人間関係がギスギスしているように感じる…」
「仕事が終わって会社から出ると面倒な人間関係から解放されてスッっとする」
普段働く中で、このように思ったことありませんか?

社会で生きていく以上、人との関わりはほぼ避けられないと言ってもいいでしょう。
人間関係でなぜ疲れてしまうのでしょうか?どう対応すればいいのでしょうか?

今回は人間関係で疲れる原因と対処法をご紹介していきたいと思います。

人間関係が疲れる原因

ここでは、人間関係が疲れる原因について紹介します。

みんなに好かれようとする

皆に好かれるというのはとても難しいことです。
なぜなら、自分がどれだけ努力しても相手が「いやだ」と感じてしまえば、自分に好意を向けられることはないからです。

こればかりはどうしようもないことです。
相手の意思はこちらがコントロールできるものではありません。

そのため、みんなに好かれようとすると人間関係に疲れてしまうのです。

苦手な人を無理に好きになろうとする

「同じ企業に属している以上、仲よくしなければいけない」と、このように考えを固めてしまう人もまた、人間関係で疲れを感じてしまいやすいでしょう。

好きになろうと頑張るあまり、自分が苦手と感じている人と無理をして接していくので、気を使いすぎてどんどん疲ればかりが溜まっていきます。

他人からどう思われているか気にしすぎる

先輩や同僚からの評価が気になり、自分の一つ一つの行動に自信を無くしてしまう人がいます。

相手がたまたま聞き取れなかっただけかもしれないのに、返事をもらえないととても傷ついたり他の人が話していると「自分の悪口かな」と考えたりしてしまいます。
他人からの評価を気にしすぎると、ストレスが溜まってしまい、人間関係に疲れる原因になってしまいます。

人間関係が疲れたときの対処法

ここからは対処法についてご紹介していきます。

一人になる時間をつくる

散歩や読書など、人との関わりを断って一人で何かする時間をつくってみましょう。
大事なのは、それらをしている時に人間関係について考えないということです。

心理的にも身体的にも面倒な人間関係から完全に解放された状態になることでストレスがぐっと減っていくでしょう。

永遠に付き合うわけではないと割り切る

学校生活はもちろん、職場でも永遠の付き合いというのは中々ありません。
いずれは転職や転勤、退職、引っ越しなど、何らかの形で別れることがあるはずです。

このように割り切ってみると、「あれ?この人に無理して付き合う必要はないのでは?」とあっさりとした気分になれることがあります。

人間関係をもう一度見つめなおしてみる

あなたにとっての人とのつながりは、今悩んでいる人たちだけでしょうか?
家族や昔からの友人、他にももっと大切な関係を築いている人たちはいませんか?

今築こうとしている人間関係は本当に必要なものなのか。
今までの人間関係を見つめなおすことで、自身が一緒にいて本当に楽しいと思える人に再度気づくことができます。
また、一緒にいたいと思える人達のことをより一層大切にしよう、もっと会う機会を増やそうと思えるようになります。

皆から好かれるのは無理だと考える

最初に述べたように、人の意思をコントロールすることができない以上、皆から好いてもらうのは無理な話です。

あなたにとって苦手な人がいるように、周りの人にとっても苦手な人は存在します。

また、働きアリの法則というものをご存知でしょうか。
アリを観察してみると、必ず2:6:2の割合で、とてもよく働くアリ:一般的なレベルで働くアリ:さぼっているアリに分かれるというものです。

とてもよく働くアリを取り除いてみると、今度は残ったアリの中でまた2:6:2の割合に分かれるのです。

この法則から行くと、必ず自分とは違う考え方の人が周り10人の中に2人は必ずいることになります。
「ああ、この人は自分とは異なる考えの人なんだな」と考えられるようになることで、無理をして仲良くなるために必要以上に気を遣うことも少なくなっていくでしょう。

距離を置いてみる

連絡をとらないようにしたり、最低限のコミュニケーションをとるだけにしたりしてみるのも対策の一つです。

こちらが気を遣う機会を極力減らすようにすることで、ストレスも溜まりにくくなります。

関係を断ってみる

断ち切ってしまいたいと思うほどにつらい人間関係があるようであれば、一度断ち切ってしまうのもいいかもしれません。

職場の人間のほとんどが当てはまってしまうようであれば、異動を申し出たり、転職したりするのも手です。

自分は本当にこの人間関係を我慢してまで続けなければならないのか考えてみてください。
「自分が我慢すればいい」と思っていても、いつかは必ず限界が来てしまいます。

悩みがあった時には視野が狭くなり、目の前の人間関係の中だけでどうすべきか考えてしまうと思いますが、人間関係は決して目の前の人たちだけではないはずです。

時には頑張ることをやめて逃げてしまいましょう。
一呼吸おいて考えてみたり、自分の周りの人間関係を整理してみたりすることで、「あ、こうすればよかったのか」というような考えが浮かんでくることもあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?人間関係に疲れてしまったと感じる時は、一度自分一人の時間を作り、考え方や行動を変えるようにイメージしてみて下さい。

あまり深く悩まず、自分はどうしたいのか、を考えまてみましょう。

転職ファインダー

キャラクター紹介キャラクター紹介

転職ファインダマン

転職ファインダマン
転職エージェント研究所の所長。転職のことなら何でも知ってる。おせっかい。

助手

助手
ファインダマンの助手。元大手企業の人事担当。冷静。たまに読者に喋りかける。

鈴木 一郎

鈴木 一郎
転職活動中のサラリーマン。転職の悩みを毎回研究所に持ってくる。

ピックアップピックアップ記事

プロと転職成功者の体験談から導く!転職活動で成功する人と失敗する人の違い

【転職の疑問を解決!】転職エージェントが無料の理由

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

おまとめ記事転職まとめ記事

転職ファインダー

トップへ戻る
トップへ戻る