内定辞退をする際に電話を利用する理由と、具体的な断り方とは?

2017.1.29 公開

re_pixta_「電話 スーツ 男性」20210243_L

本記事では、内定辞退で電話をする際に心掛ける事と、断り方をまとめました。 また内定辞退で電話する際の具体的な断り方を、例を交えてご紹介します。


皆さんは就活をし、企業から内定が出る事があると思います。
その中で、複数の企業から内定が出た方は、内定辞退を連絡をする必要のある企業が出てきますよね。

しかし、せっかく内定を出してくれた企業に辞退を伝えるのは勇気が入りますよね。
そこで、本記事では、内定辞退の際のマナーや実際の伝え方をご紹介します。

そもそも内定辞退ができない場合ってないの?

複数の企業から内定をもらえば、内定を辞退しなければなりません。

1度出た内定を全部が全部辞退できるのか、不安に思う方もいらっしゃるかと思いますが、内定に法的な拘束力はないので、心配する必要はありません。

では内定辞退はどのようにすれば良いのでしょうか。

内定辞退をする時は、メールか電話、直接伺って断る方法の3つがあります。
その中で本記事では、電話で内定辞退をする方法をご紹介します。

内定を辞退する時は電話でするのがマナー!その理由は?

では、電話で内定を断る事にどのようなメリットがあるのでしょうか。
それは、早く確実に伝わるためと、誠意を伝えるためです。

早く確実に伝わるため

企業側は内定者の数を毎年予算の中で採用人数を決めています。
そのため、内定を出し始め、定員に近づいてきたら、それに向けて自社の採用活動をどんどん減らしていきます。

そのため、企業の立場を考え、内定辞退をするには、早く確実に伝わる方法で伝えるのが良いでしょう。

直接会う事になれば、会う日程を決めるなどの調整に時間が掛かりますし、メールだと届いているかどうかの確認ができないため、内定辞退をする時にはあまり使わない方が良いでしょう。

ですので、早く確実に伝えるために電話で辞退を伝えましょう。

誠意を伝えるため

内定を辞退する時に電話で伝える事で早く確実に伝わるとお話ししましたが、電話で辞退するメリットはもう一つ理由があります。

それは、誠意を伝えるためです。
企業は、就活生であるあなたに入社をしてほしいと思い、内定を出しています。

そのため内定辞退となると企業の採用担当者からすれば、かなりショックを受けるはずです。
そこでメールなど、あっけなく対応するのではなく、敬意を込めて、電話をする方が誠実です。

電話は、とても勇気がいりますが、相手の企業も考えたうえで電話で対応し、誠意を伝えましょう。

電話をする際に心掛ける事

シンプルに丁寧に断る

内定辞退の答え方は、シンプルに丁寧に断る事が大事です。
なぜなら、相手も時間が限られていますので、すでに内定辞退の意志が固まっている場合はシンプルに伝えましょう。

また内定辞退をする際に限らず、電話口では相手を不快にさせない事です。
そのため、最低限の敬語など最低限のマナーを心掛けて対応してください。

内定辞退の理由は聞かれたら答えるようにする

内定辞退の理由は、聞かれたら答えるようにしましょう。
内定辞退の理由はひとそれぞれですが、自分から内定辞退の理由を答える必要はありません。

無理に答えて、相手の気分を害する可能性も考え、最低限かつ簡潔に答えるようにしましょう。

電話での断り方例ご紹介

先ほどの流れに沿って内定辞退の電話を2つご紹介します。
その前に、どのような流れで断るかを解説します。

断り方の主な流れと、断り方例

1.自分の名前を名乗り、時間があるか聞く
―電話をする際は自分が何者であるかを伝え、担当者に時間があるか聞くのがマナーです。

2.内定辞退を伝える
―先ほど述べたように内定辞退の旨を簡潔に答え、辞退理由は聞かれたら答えましょう。

3.改めてお詫びをし、相手が電話を切るまで待ちましょう。
―最後に謝罪し、相手から切るのを待つことで誠意を見せましょう。

それでは具体的な例を基に内定辞退の連絡をご紹介します。

これを踏まえて、具体的な断り方をご紹介します。

断り方1

お世話になります、○○大学の△△でございます。
本日は内定の件で、お電話させていただきました。
大変身勝手で恐縮ではございますが、御社の内定を辞退させていただきいと思い電話させていただきました。
誠に申し訳ございません。

(理由を聞かれたら答える。)

大変申し訳ございませんでした。それでは失礼いたします。

断り方2

お世話になっております、○○大学の○○です。
本日は、内定の件でご連絡させていただきました。

御社の内定をいただけて大変嬉しかったのですが、考えた結果、御社の内定を辞退させていただきたくお電話させていただきました。

御社の意向にそぐわない形となってしまい、誠に申し訳ございません。

(理由を聞かれたら答える。)

電話での解答により大変申し訳ございません。失礼致します。

内定辞退はゆっくり考え結論を出してから電話する

いかがでしたでしょうか。
本記事では電話で断る際に心掛ける事と、具体的な断り方をご紹介しました。
内定辞退は、複数いただいた場合に必ずしなければならない事です。

電話をする際は勇気がいりますが、しっかりと結論を出してから、企業に誠意を込めてお伝えしましょう。

転職ファインダー

キャラクター紹介キャラクター紹介

転職ファインダマン

転職ファインダマン
転職エージェント研究所の所長。転職のことなら何でも知ってる。おせっかい。

助手

助手
ファインダマンの助手。元大手企業の人事担当。冷静。たまに読者に喋りかける。

鈴木 一郎

鈴木 一郎
転職活動中のサラリーマン。転職の悩みを毎回研究所に持ってくる。

ピックアップピックアップ記事

プロと転職成功者の体験談から導く!転職活動で成功する人と失敗する人の違い

【転職の疑問を解決!】転職エージェントが無料の理由

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

おまとめ記事転職まとめ記事

転職ファインダー

トップへ戻る
トップへ戻る