内定が出たけど迷う…そんなとき素早く答えを導く決断方法

2016.8.29 公開 | 2017.5.15 更新

Solution Decision Improvement Information Concept

記事内容
  • 内定承諾・辞退を決断するためのヒント
  • 判断軸の導き方
  • 最終的な決断を下すときに大事なこと

こんにちは。転職エージェント研究所のアイです。

選考を経て内定をもらい、いざその会社に行くことが自分の決断にゆだねられると、本当にその会社を選ぶことが自分にとっていいのかどうかを考え初めてしまったりします。

そんなとき、ただやみくもに考えるのではなく、決断するのに必要な要素を知ることで、自分が納得して決断する近道になります。

今回は内定が出て承諾を決める際に役立つ、決断までの4ステップをご紹介します。

まずは内定が出た企業について知り尽くす

転職先を見誤る原因としてよくあげられるのは、転職志望者が選考を受ける企業のことを十分に調べられていないことだそうです。

内定をとることに一生懸命であればあるほど、内定をもらったときの安心感はこの上ありません。

ですが、自分が身を置き、仕事をする環境です。
自分にとって致命的な、望んでいない環境や状況があれば、転職先での仕事生活は地獄と化します。

Webサイト上にある企業の情報は調べ尽くし、社員と話す機会をもらって、社風や社員、社内環境についてもできるだけ情報を得ておきましょう。

そして、内定が出た段階でもう1度整理していきます。

転職の最大の目的が叶えられる場所かどうかを判断

転職をするきっかけや、転職で叶えたい目標や目的があるのなら、それを叶えられる場所か、またその可能性を今一度考えてみましょう。

この時点で、その実現可能性が低いのであれば、その会社に入社するべきではありません。

自分の希望と照らし合わせる

自分にとってその会社の良いと感じるところ、悪いと感じるところを洗い出してみましょう。

その上で自分の転職で叶えたい希望と照らし合わせてみます。
そのとき、各希望条件は「必須条件」と「あれば嬉しい条件」に分類します。

希望の優先度も重要になってくるので、改めて自分が働く上で重要視することを意識して考えてみてください。

たくさん求人を見ると、企業ごとの福利厚生や待遇、社風などが魅力的に書かれていて、軸を決めていたはずなのに、ブレて結果的に誤った選択をしてしまったという転職者が多くいます。
自分の軸である希望が叶えられる場所なのかどうか、今一度確認する必要があります。

状況に左右されない

希望条件通りではないけど、「この内定を逃したらもう転職できないかもしれない」という不安がでてきて妥協して内定承諾を決断しようとする人も多いようです。

もしそんな状況に陥ったときは長期的な視点で考えましょう。
後々になってどちらが自分にとって損となるのかどうかを考えてみてください。

焦って妥協して転職先を決めたところで、またすぐに転職したくなるかもしれません。

そのとき、自分の職務経歴書には短期間に転職をした経歴がしっかりと刻まれ、妥協して決定した転職先についての説明を求められることになるでしょう。
また、安易な転職活動をしたという印象を持たれる可能性もあります。

やっと出た内定であっても、自分が転職を決断した理由や目的から逸れてしまっているときは、歯を食いしばって内定を辞退することも必要です。

結果的に後悔の残る転職活動になってしまうかもしれません。
内定を辞退し、また一から転職フローを踏むことになっても、探し続けて納得した企業に転職を決められたなら、それは自分にとって後悔のない転職活動となります。

転職先を焦って決めたところで、長い目でみれば自分を不利な状況に追い込むことになりかねません。
転職期間が延びてでも、自分の活躍場所、自分に合う企業を探し続けましょう。

最終的な決断をくだすために

企業のことをしっかり知り、条件とすりあわせ、内定を承諾するかどうかの答えがほとんど出てきてはいるものの、まだ迷いや不安があり、「今決断しようとしている、自分の選択に自信が持てない。」というときは、今までの自分の人生における大きな選択のパターンを思い起こしてみましょう。

言葉で説明はできないものの、直感的にこれだと思うものを選択して成功した、失敗したなど、成功したときにいつも自分がどうしてきたのか、今回の選択にもその成功パターンを当てはめてみてください。

周囲の意見が気になったら

「周囲の意見が頭にひっかかって、決断ができない。」

周囲の人の意見に影響を受けて、選択したもののやはり納得がいかなかったことはないでしょうか。
失敗したとき、その決断が自分の意思ではないと後悔も大きくなります。

転職は人生においても大きな決断です。
友人や親、パートナー等の意見は非常に影響を受けやすいものですが、自分の意見を信じましょう。

今一度自分と向き合い、決断を正しくする決意をする

今一度自分と向き合い、その上で自分の望みと合致する企業であれば快く内定を承諾しましょう。
そして決断したのならば、その決断を後悔しないようにするためにも、自分でも決意を固めましょう。

内定を辞退することになったとしても

たとえ内定を辞退したとしても、それが迷いに迷った決断であれば後悔するかもしれません。
でもそれはごく自然なことで、選択を間違ったという訳ではありません。

その後悔は、その後の転職活動で自分にぴったりの会社から内定をもらうことで倍の喜びとなります。

人は、得る喜びと失う後悔を比べたとき、たとえ自分にとって同等の価値のものであったとしても、失った後悔の方が大きいそうです。

内定を辞退することは勇気のいることかもしれませんが、自分の頭の中で”辞退”の選択肢がでているときは、このことを思い出してみてください。

自分に言い聞かせているときは危険?

内定を承諾するにしても、辞退するにしても、自分にその選択が正しいと言い聞かせるようにしているときは、まだ何か迷っている要素がある場合が多いです。

そんなときは今一度、自分の中で引っかかっている点を明確にし、自分の思いを言葉にする作業を行いましょう。

そういった気持ちが、実は自分にとっての潜在的な1番の希望であったりします。

内定がでてからは、スピーディな対応が求められますが、なるべく自分としっかり向き合う時間をつくって、最上の選択を導き出してください。

転職ファインダープラスの姉妹サイト、『転職ファインダー』では、対応地域や職種、特徴から自分に合った転職エージェントが探せる!クチコミや評判、人気ランキング、年収診断もチェックすることができるぞ!
転職エージェントの口コミ・評判比較 転職ファインダー

あなたにオススメの記事

転職の成功にプロの力を

リクルートエージェントとリクナビネクストの違いとそれぞれの評判

転職の成功にプロの力を

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

4200人の年収アップ額も大公開

30代の転職実態調査!年収アップ成功率と転職活動重要ポイント

Special

リクナビNEXTのグッドポイント診断を試してみた ~鈴木さん編~

4200人の年収アップ額も大公開

30代の転職実態調査!年収アップ成功率と転職活動重要ポイント

4200人の年収アップ額も大公開

20代の転職実態調査!体験記から見えてくる転職メリットとリスク

転職ファインダー

キャラクター紹介キャラクター紹介

転職ファインダマン

転職ファインダマン
転職エージェント研究所の所長。転職のことなら何でも知ってる。おせっかい。

助手

助手
ファインダマンの助手。元大手企業の人事担当。冷静。たまに読者に喋りかける。

鈴木 一郎

鈴木 一郎
転職活動中のサラリーマン。転職の悩みを毎回研究所に持ってくる。

ピックアップピックアップ記事

プロと転職成功者の体験談から導く!転職活動で成功する人と失敗する人の違い

【転職の疑問を解決!】転職エージェントが無料の理由

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

おまとめ記事転職まとめ記事

転職ファインダー

トップへ戻る
トップへ戻る