未経験の転職体験談!「私は異職種・異業種への転職をこうやって成功させました」

2016.12.7 公開 | 2017.5.1 更新

Plan Business Strategy Steps Work Concept

こんにちは。転職エージェント研究所のアイです。

みなさんが転職先として希望しているところは、どんな業界のどんな職種でしょうか?
時として、それは「未経験」の場合があると思います。

今の業界で仕事をするのは飽きてしまった、違う職種で新たなスキルを手に入れたい、この業界にずっと憧れていた・・・など、未経験の職種・業種を志望する理由は様々だと思いますが、実際に転職活動をするとなると不安が多いと思います。

でも、未経験でも転職成功している人は、実はたくさんいるんです!

今回は、「未経験からの異職種・異業種への転職」について、具体的な体験談をもとに成功への考え方を解説していこうと思います。

「未経験からの転職」において一番大事なことは?

所長、聞いてほしいことがあるんです!
どうした?鈴木さん。
待遇とか職場の雰囲気とかが、おれの求めているものにドンピシャな求人があるんです!
そうか!
それは受けてみてもいいんじゃないか?
はい、受けたいんですけど・・・ひとつ、問題がありまして。
どんな問題なんだい?
IT関係の会社なんです。
未経験の業種だし、職種もマーケティング職でこれまた未経験なんです・・・。
なるほどな。
確かに未経験から異職種・異業種への転職には不安があるのはわかる。
ではここで、「未経験で異職種・異業種へ転職するときに一番大事なこと」を教えよう!
おお、そんなものがあるんですか!
そうだ!
それは、「今までの経験をいかにして希望の職種・業種と紐づけるか」だ。
通常の転職でも大事なことだが、未経験となるとことさら重要になることを肝に命じよう!
なるほど!
でも、「紐づける」って具体的にはどうすればいいんでしょうか?
それには具体的な事例を聞いた方が早いと思うので、研究所に届いた「未経験からの異職種・異業種転職に成功した体験談」をいくつか用意しました。
おお、それは気になる!

未経験で異職種に転職した人の体験談

まずは、未経験の職種に転職成功した人の体験談をご紹介します。

アパレルの販売から、憧れの営業職に転職成功

【Aさん・29歳女性】
  • 転職時28歳
  • 販売職から小売営業職へ転職

大学卒業後6年間、アパレルの会社でずっと店舗販売をしていました。

仕事は充実していたし、副店長まで昇進したんですけど、「もっと大きな売上を自分の力で上げたい」と思い、営業職にずっと憧れていたんです。

とはいっても、営業は未経験。
同じ業界なので知識には自信があったのですが、面接でどんなことをアピールしたらいいのかわからない状態で転職活動をスタートしました。

そこで、とにかくプロにアドバイスが欲しいと思い、転職エージェントに登録しました。

担当のコンサルタントの方は、「販売職と営業職は、コミュニケーション力が重要という点で親和性は高いので、今までの経験を上手くアピールできれば、十分に可能性はありますよ」といってくれたことで自信が持てましたね。

いろいろと相談に乗ってもらいながら、自分のアピールの軸にしたのが「能動的にお客さまに対してアプローチした経験」です。

前職で仕事をしていた時は、POPを工夫したり積極的にお客さまに話しかけるなどプッシュ営業を意識してやっていたので、この経験は営業職でも活きてくるということを面接でしっかりとアピールしたことで、転職成功できたのではないでしょうか。

【Aさんの成功ポイント】
前職との共通する必須スキルをアピールする

異職種への転職は、転職先でも通用するスキルをアピール

前職と希望する職種の共通するところを探すことで、異職種への転職でのアピールポイントが見えてきます。

Aさんのように、どちらも「多くの人と接する」職種であれば、今の仕事の中でどのようにコミュニケーション力を磨いてきたのかを深堀りし、アピールへとつなげていくことで、未経験の職種でも採用される確率は高くなるでしょう。

未経験で異業種に転職した人の体験談

次は、未経験の業種に転職成功した方の体験談です。
全く未知の業界に対してどのようにアプローチしていったのでしょうか?

「この業界で働きたい」と感じた人材業界に転職

【Bさん・27歳男性】
  • 転職時25歳
  • 広告代理店から人材業界へ転職

前職では広告代理店の法人営業職として3年間働いてきたのですが、その中で自分が一番興味を持ち、「これを今後の仕事にしたい!」と思えたのが人材業界でした。

仕事ってその人の人生に大きな影響を与えるものなので、それに携わることができるって幸せなことだと思ったんです。

仕事をしながら業界のことをいろいろ調べていくうちに、業界全体が抱える課題がたくさん見えてきたので、はじめはその課題について面接でも話してみたんです。

でも、なかなか内定が貰えなくて(笑)。

自分が話す業界の課題については面接官の方も共感していたように見えたので、なぜだろうって。

それで気づいたのが、「課題」止まりだとインパクトが弱いんじゃないだろうか、ってことです。
その課題をどのように改善していくかってところまで落とし込まなきゃいけないんじゃないかって考えたんです。

それからは、その業界のいろんな社員の方になんとかコンタクトを取って、話を聞きにいきました。
営業として幅広い人脈があったので、そんなに苦労はしなかったですね。
その中で見えてきた自分なりの改善策を面接で話してみたら、見事内定。

【Bさんの成功ポイント】
意志の強さをアピールするために、業界や会社の課題とその解決策を提案する

異業種への転職は、転職先の業界について大きな視点で考えることが重要

異業種への転職であれば、面接時に必ずといっていいほど「なぜこの業界なのか?」と聞かれます。

その問いに対して明確に答えるためには、当然その業界のことを深く知っていなければなりません。

そして、知るだけではなく「業界の課題は何か?」「自分はこの業界をどう変えていきたいのか?」といったところまで考える必要があります。

このように、知識を得てアイデアを考えるのに力を貸してくれるのが今までのみなさんの経験や人脈です。

Bさんのように、営業をやっていることで得た人脈を活かして業界知識を学ぶなど、使えるものはすべて使って面接が上手くいくための準備をしましょう。

また、業界事情や企業のことを理解した上で考察を展開したことで、「業界のこと、会社のことをしっかりと考えてくれている」と受け止める人事担当者もいます。
意志の強さ、熱意がしっかりと伝わる機会にもなるので、しっかりと準備しましょう。

未経験で異職種かつ異業種に転職した人の体験談

最後は、職種・業種ともに未経験の会社に見事転職した方です。
どちらか片方が未経験よりも難易度は高いと思われますが、どのようにして内定を貰えたのでしょうか?

自分で商品を生み出すことを求めてメーカー企画職に転職

【Cさん・30歳男性】
  • 転職時26歳
  • コンサル会社のコンサルタントからメーカーの企画職に転職

新卒で入ったコンサル会社ではマーケティングコンサルタントとして4年間働きました。
でも、クライアント先に出向して一緒に仕事をしていてだんだん物足りなさを感じ始めるようになったんです。

割と出向先に深く入り込んでいくタイプだったと思うんですが、だからこそ「あくまでコンサルはコンサル」ということを強く感じたんです。

成果が上がったときは、もちろんクライアントと一緒に喜びますし、充実感もあるんですけど、売ってる商品はその会社のものだから、自分のことのように喜ぶことはできませんでした。

だから、転職を考えた時に真っ先に思い浮かんだのがメーカーの企画職です。
新商品の開発や販売戦略を「我がごと」として考えられる環境で働きたいと思ったからです。

職種も業界も違うけど、幸いコンサルをやっていたこともあり、多少の知識はありました。

あとはこの知識を更に増やし、「即戦力として働ける」と面接でアピールできるように、受ける会社や業界のこと、企画職ではどんな仕事をするのかをしっかりと調べました。

それこそ、今日にでもそこで業務を開始できるくらい具体的なイメージを持てるまで徹底的に。

面接では、リサーチから商品企画、販促、PRまでかなり具体的にやりたいことを話したところ、「ここまでうちの仕事を理解している人は初めてだよ」と面接官の方に言っていただけたほど。

また、コンサルをやっていたからこそできる定量データの扱い方や課題設定、ソリューション提案の手法まで具体的に話ができたのも、勝因だったように思います。

【Cさんの成功ポイント】
仕事内容を「作業としてイメージできるまで」徹底的に調べる

異職種かつ異業種への転職の場合、「普通」では採用されない

職種も未経験、業種も未経験という場合は、条件としては厳しくなることが多いです。

同じくらいのコミュニケーション力、同じくらいのスキル、同じくらいの年齢であれば、当然経験がある方を採用したくなるからです。

となると、それを覆すほどの「何か」が異職種・異業種の転職には必要となってきます。

もし、異職種かつ異業種への転職を考えられている方は、「どうやったら他の人と差をつけられるか」を考えて転職活動をしてくださいね。

未経験での転職もしっかりサポートしてくれるおすすめ転職エージェント

いかがでしたでしょうか?

みなさん、前職での仕事内容からアピールポイントを見出したり、経験を転職活動の準備に活かすなど、上手く紐づけて面接に臨まれています。

きっと、未経験でも転職成功はできる、と思っていただけたのではないでしょうか?

そして、ひとつ覚えておいていただきたいのが、「転職理由」という点においては未経験の方が実は明確になりやすい、ということです。

経験がある職種・業種に転職したいと思うのは当たり前ですよね?
でも、未経験「だけど」転職したいのは、何かしら理由があるからなのです。
この明確な理由は、きっとみなさんが転職活動をする上でのエネルギーになるはずです。

とはいえ、エネルギーだけでは上手くいかないこともあります。

未経験でも、志望するところの情報を効率よく得て、受かるためのノウハウを教えてくれる転職エージェントに登録すれば、ひとりで転職活動をするよりもきっといい結果が出せるはず。

最後に、未経験の転職でもしっかりサポートしてくれる転職エージェントをご紹介いたします。

リクルートエージェント

30万人以上の転職を成功させた実績を持つ最大手なので、未経験の転職支援も豊富な経験があります。

保有している各種データも膨大なので、どんな職種からどんな職種への転職なのか、どの業界からどの業界への転職なのかといった様々なパターンに対応できるところがおすすめです。

リクルートエージェント

マイナビエージェント

初めて転職をする方が多く登録されているマイナビエージェント。

若い方の転職支援実績が多い分、未経験での転職も多数サポートしています。
利用者満足度も高く、細やかな対応も異職種・異業種の転職向きでしょう。

マイナビエージェント

パソナキャリア

求人数の多さにおいて抜きん出ている点が特長のエージェントです。

どんな職種・業種でも、希望に沿った会社を提案してくれるでしょう。
全国各地に拠点があるので、「働く場所を変えたい」という希望にも応えてくれます。

パソナキャリア

今回の記事は以上です。
仮に未経験でも、みなさんの転職が上手くいくことを願っています。

転職ファインダープラスの姉妹サイト、『転職ファインダー』では、対応地域や職種、特徴から自分に合った転職エージェントが探せる!クチコミや評判、人気ランキング、年収診断もチェックすることができるぞ!
転職エージェントの口コミ・評判比較 転職ファインダー

あなたにオススメの記事

4200人の年収アップ額も大公開

20代の転職実態調査!体験記から見えてくる転職メリットとリスク

4200人の年収アップ額も大公開

30代の転職実態調査!年収アップ成功率と転職活動重要ポイント

4200人の年収アップ額も大公開

【女性の転職白書】年収の生データも大公開

4200人の年収アップ額も大公開

初めての転職、年収アップ額大公開!

Special

リクナビNEXTのグッドポイント診断を試してみた ~鈴木さん編~

Special

リクナビネクストのグッドポイント診断を試してみた~助手のアイさん編~

転職ファインダー

キャラクター紹介キャラクター紹介

転職ファインダマン

転職ファインダマン
転職エージェント研究所の所長。転職のことなら何でも知ってる。おせっかい。

助手

助手
ファインダマンの助手。元大手企業の人事担当。冷静。たまに読者に喋りかける。

鈴木 一郎

鈴木 一郎
転職活動中のサラリーマン。転職の悩みを毎回研究所に持ってくる。

ピックアップピックアップ記事

プロと転職成功者の体験談から導く!転職活動で成功する人と失敗する人の違い

【転職の疑問を解決!】転職エージェントが無料の理由

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

おまとめ記事転職まとめ記事

転職ファインダー

トップへ戻る
トップへ戻る