JACリクルートメントの特徴を徹底解説!利用メリットデメリット

2016.5.6 公開 | 2017.3.28 更新

MV132

転職エージェントについて詳しく説明するシリーズ、今回は「JACリクルートメント」です。

転職エージェントで大事な要素は求人数だけではありません。キャリアコンサルタントの対応や転職初心者のためのサービスなど、どれをとっても転職希望者にとって大事な要素です。エージェントの情報をしっかり調べれば、転職活動をスムーズに進めることができます!
さて、今回はJACリクルートメントです。どんな転職エージェントなのでしょうか?早速聞いてみましょう!

  • 転職ファインダマン

    転職エージェント研究所の所長。転職のことなら何でも知ってる。おせっかい。

  • アイさん

    ファインダマンの助手。元大手企業の人事担当。冷静。たまに読者に喋りかける。

  • 鈴木一郎

    転職活動中のサラリーマン。転職の悩みを、毎回研究所に持ってくる。

転職エージェントについて詳しく紹介するこのシリーズは、結構人気があるんだったな?アイさん?
はい、所長。それぞれの転職エージェントについて、強みや弱みを詳しく説明してくれるこの「転職エージェント紹介シリーズ」は、転職初心者の方々に非常に人気があります。
やはり、転職エージェントの情報は転職初心者の人たちにニーズがあるんだな。
そうですね~。転職エージェントにどんな違いがあるかなんて、転職初心者にはいまいちわからないんですよね~。だから、詳しく教えてくれると、すごくためになりますよ!
よし!期待を背負って、今回はJACリクルートメントについて紹介しよう!
よろしくお願いします!

JACリクルートメントとは?

早速、JACリクルートメントの強みを紹介していこう!JACリクルートメントには、次の3つの強みがある。
・グローバルに展開しているため海外企業への転職に強い
・エグゼクティブ層向けの転職に強い
・キャリアコンサルタントが直接企業に出向く

お?何だか、今までにないタイプの転職エージェントですね。グローバルに展開しているなんて、かっこいいなぁ!

お、鈴木さんも興味を持ったかい?それでは、一つ一つ詳しく説明しよう!

はい!ぜひ、お願いします!

グローバルに展開しているため海外企業への転職に強い

JACリクルートメントは世界の8か国に拠点を持っている。イギリス、シンガポール、マレーシア、中国、韓国など、今急成長しているアジアからヨーロッパまで、数々の国への転職実績があるんだ。

世界に拠点がある転職エージェントなんて、初めてですね!ますます、かっこいいなぁ!

おや?鈴木さんも海外で働いてみたいのかい?だったら、JACリクルートメントはかなりおすすめだよ。それに、日本にある外資系の企業への転職実績もかなり多いんだ。海外企業や外資系企業への転職実績という点では、JACリクルートメントが業界ナンバー1だろう。

海外か…。俺、実は活躍の場を海外に広げたらどうだろうかと、思っていたところなんですよ。海外が鈴木を呼んでるんじゃないかって。
鈴木さんは、英語できるんでしたっけ?
え、英語?いや、全然できないけど?
英語話せない中での海外勤務希望ですか。大きな夢ですね。万が一海外に行っても死なないでくださいね。(ニコッ)
(嫌味!)

まぁ、英語は海外企業や日本の外資系企業に転職する為には必須条件だね。海外に赴任したいのなら、ビジネス英語が話せるだけでなく、英語の読み書きスキルも必須だろう。また、中国で働きたいなら中国語が必須になる。最近は、アジアのマーケットが活発になっているから、中国語やタイ語も必要になってくるだろうね。

まぁ、日本にもまだまだ可能性はあるし、もう少し日本で頑張ってみようかな。

言語の壁はとても高いけど、今全然しゃべれなくても、海外勤務が決まれば死ぬ気で勉強することになると思うぞ。生活がかかってるからな!とにかくJACリクルートメントは海外に拠点を持ち、海外の企業に数多くのパイプを持っている。だから、グローバルに活躍したい人にはおすすめの転職エージェントだね。

…ははは、そうですか…。

エグゼクティブ層向けの転職に強い

JACリクルートメントはエグゼクティブ向けの転職に強い。もともと、年収の高い人やマネジメント層の人たちが転職する際に利用する転職エージェントとして、JACリクルートメントは人気の高いエージェントなんだ。実際、エグゼクティブ層の転職実績の高さから、他の転職エージェントには紹介しないエグゼクティブ層向けの求人もJACリクルートメントなら紹介するという企業もいるほどだ。

へぇ~。企業からの信頼も厚いんですね。

そのとおりだ。
エグゼクティブ層の転職活動と、そうでない人たちの転職活動は全く異なる。履歴書や職務経歴書の書き方や面接対策もある程度重要だが、それ以上に企業側の情報や面接での駆け引き、年収交渉などが転職活動においてかなり重要になる。JACリクルートメントはこのようなエグゼクティブ向けの転職戦略にかなり強いんだ。
それに、企業との人脈も重要だ。エグゼクティブ層ともなると、人脈によって転職が決まってしまうことが多い。JACリクルートメントはエグゼクティブ層の転職実績があり、企業とのパイプも多く持っている。年収1,000万円前後の層の転職実績は定評があるから、企業側も信頼して多くの求人をJACリクルートに持ち込むんだ。

1,000万…。俺もいつか、それくらい…。

そうだ!鈴木さん!その意気だよ!

はい!頑張ります!

[blogcard url=”http://tenshoku-finder.com/ranking/high-career.html”]

キャリアコンサルタントが直接企業に出向く

JACリクルートメントの良いところは他にもある。それは、キャリアコンサルタントが直接企業に出向くという点だ。

え?でも、それが普通じゃないんですか?

確かに、どの転職エージェントでも、担当者が企業に直接出向いて求人内容を聞いてくる。しかし、ほとんどの転職エージェントでは、転職希望者と直接面接する「人材担当」と、企業に出向いて話を聞く「企業担当」の二つに分かれているんだ。だから、転職希望者と直接接する人材担当者は、実は、直接企業から直に話を聞いているわけではない。企業担当が企業と直接やり取りをし、それを人材担当に伝えているに過ぎない。

なるほど~。そういうことだったんですね。

ところが、JACリクルートメントは人材担当=企業担当だから、転職希望者が直接話すコンサルタントが企業側との調整もしているということになる。

すると、どういう良いことがあるんですか?

転職希望者は、企業からの「生の声」を聞けるというのが、一番大きなメリットだね。キャリアコンサルタントから入ってくる企業側の情報は、ダイレクトな情報だ。何せ、そのコンサルタントが実際に企業側の人事担当者とあっているわけだからね。だから、企業側の情報が転職希望者にストレートに伝わってくるんだ。

そっか…。他の転職エージェントだったら、「企業がこういう人材が欲しいと言っていましたよ。」と企業担当から伝え聞いた話をされるってことなんですね。

そのとおりだ。人材担当と企業担当が分かれていても、もちろん、何の問題もないと思う。逆に、人材担当が転職希望者側の対応だけに集中できるから、転職希望者が手厚くフォローを受けることもできるからね。

そうですね。担当のキャリアコンサルタントが企業回りもしていたらめちゃくちゃ忙しくなって、自分の方にあまり連絡をくれなかったら、それも嫌だしな…。

そうだね。人材担当=企業担当であるJACリクルートメントなら、転職希望者側のアピールや要望をダイレクトに企業に伝えてくれる、というメリットもある。
どちらのメリットを取るかは、利用者次第だね。

JACリクルートメントはどんな人に向いている?

次に、JACリクルートメントがどんな転職希望者に向いているのかについて、説明しよう!

はい!

グローバルに活躍したい人におすすめ!

まずは、グローバルに活躍したい人におすすめだ。「海外勤務がしたい」「外資系企業に入って、海外の企業と取引したい」など、グローバル志向の人が転職する場合、みんなJACリクルートメントに登録する。だから、海外企業への転職ノウハウはナンバー1なんだよ。

なるほど~。

口コミでも、「海外企業への転職のノウハウを持つコンサルタントに大変お世話になった」「自分に合った、海外企業を紹介してくれた」など、海外企業へ転職が成功した人の体験談が数多く寄せられている。
JACリクルートメントは海外に拠点を持っているから、その拠点を通して海外企業と常に情報交換を行っている。海外志向の人材会社ならではの、転職ノウハウはちょっと他の転職エージェントでは真似できないだろうね。

なるほど~。海外に拠点があるから、海外企業に詳しいというわけなんですね。

そうだね。JACリクルートメントは海外に拠点を持っているから、日本にいてはなかなか得られない海外企業の情報を教えてくれる。「日本にいては絶対に知ることができないような企業を紹介してもらえて、自分に合った企業に出会うことができた。」といった口コミも数多く寄せられている。

すごいですね。やっぱり、海外に拠点があるっていうのは、強いんですね。
鈴木さんも、海外勤務に興味があるなら、英語の勉強を始めたらどうですか?
え?あ、いや…まだ日本の企業が俺を必要としているんでね。はっはっは…。
…。

エグゼクティブ層の転職におすすめ!

JACリクルートメントにはJAC Executiveというエグゼクティブ専門の転職サイトがある。エグゼクティブ層向けのサービスがかなり手厚いんだ。

エグゼクティブの転職って、全然わからないんですけど、どんな人材が求められているんですか?

良い質問だ!
最近は日本の企業もどんどん海外に進出する時代だ。だから、海外企業とネゴシエーションができる人材が求められる傾向にあるね。もちろん、マネジメントができて若手を育成する手腕のある人材も求められている。
また、企業に新しい風を入れることで若返りを図りたい企業も多い。だから、若手のエグゼクティブ層が活躍するチャンスでもあるんだ。鈴木さんも挑戦してみてはどうかな?

いや~。俺なんかには、とてもとても…。

エグゼクティブクラスの転職には、情報の質が転職の成否にかかわってくる。会社組織の実態や事業戦略などを正しくおさえておかなければ、転職することは難しい。

俺たち平社員の転職とは、全然違うんですね…。

エグゼクティブクラスの転職は、まさに情報戦だ。企業の情報を正しく仕入れるノウハウや企業との太いパイプを持つJACリクルートメントは、かなり頼りになる存在なんだ。

スペシャリストを目指す人におすすめ!

他にもJACリクルートメントが向いている層がある。それは、スペシャリストを目指す人だ。

スペシャリスト?専門的な道に進む人のことですよね。

その通りだ。IT系や技術系、金融業界や医療系など、専門的な分野を極めるスペシャリストはその分野では需要が高いことが多い。その道を極めるのは難しいことだから、常に人材不足という業界もある。
JACリクルートメントのキャリアコンサルタントはそれぞれの分野に詳しい人がいるから、専門的な分野でスペシャリストとして転職したい人にはかなり頼りになる存在なんだ。

そっかぁキャリアコンサルタントがその仕事についてわかっていないと、転職サポートなんかできませんよね。

そうなんだよ!その分野の専門性を理解していないと、転職希望者の能力や志向、ビジョンを見出すことができない。その点、JACリクルートメントはそれぞれの専門分野に造詣が深いコンサルタントが数多く在籍しているから、安心だね。

なるほど…。

もちろん、専門性の高い分野の企業とも取引が多いから、スペシャリストを目指す転職希望者が希望する企業を紹介してくれる。このようにスペシャリストの転職に強い転職エージェントは、ちょっと他には見当たらないのではないだろうか?

ちなみに、転職ファインダーに寄せられたJACリクルートメントの口コミも参考にしてみるといい。高年収の人、海外へチャレンジしたい人の成功談が乗っているぞ。
[blogcard url=”http://tenshoku-finder.com/agent/jac?OVKEY=pl-pst-0132-i”]

JACリクルートメントの弱点ってあるの?

そんなにすごい転職エージェントなら、さすがに弱点はないですよね?

どんな転職エージェントにも強みがあれば、弱みもある。

やっぱりそうか…。

キャリアコンサルタントが忙しい

JACリクルートメントの弱みは、キャリアコンサルタントが忙しすぎるというところだな。さっきも言った通り、JACリクルートメントのコンサルタントは人材担当=企業担当だから、他の転職エージェントの二倍の種類の仕事をこなしていることになる。だから、転職希望者の対応にあまり時間を取れないことがあるんだ。

それは、困るな~。

もちろん、メリットとデメリットは表裏一体だ。さっきも言ったが、人材担当=企業担当であることで、企業の情報をダイレクトに受け取れるというメリットもあるわけだから、そこをどう取るかというのは転職希望者次第だろうな。

そうですね…。
さて、今回はJACリクルートメントについて詳しく解説しましたが、いかがでしたか?
俺もいつか海外に飛び立つ日が来たら、ぜひ使ってみるよ!

それがいい!鈴木さんが海外で活躍する日を、楽しみにしているよ!

ははは…。
転職ファインダープラスの姉妹サイト、『転職ファインダー』では、対応地域や職種、特徴から自分に合った転職エージェントが探せる!クチコミや評判、人気ランキング、年収診断もチェックすることができるぞ!
転職エージェントの口コミ・評判比較 転職ファインダー

あなたにオススメの記事

4200人の年収アップ額も大公開

20代の転職実態調査!体験記から見えてくる転職メリットとリスク

4200人の年収アップ額も大公開

30代の転職実態調査!年収アップ成功率と転職活動重要ポイント

転職の成功にプロの力を

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

転職準備や気持ちを整えよう

転職はどのタイミングで行うべき?

4200人の年収アップ額も大公開

30代の転職実態調査!年収アップ成功率と転職活動重要ポイント

転職活動を始めたら読もう

転職面接で圧倒的に成功率を高める5つのポイント

転職ファインダー

キャラクター紹介キャラクター紹介

転職ファインダマン

転職ファインダマン
転職エージェント研究所の所長。転職のことなら何でも知ってる。おせっかい。

助手

助手
ファインダマンの助手。元大手企業の人事担当。冷静。たまに読者に喋りかける。

鈴木 一郎

鈴木 一郎
転職活動中のサラリーマン。転職の悩みを毎回研究所に持ってくる。

ピックアップピックアップ記事

プロと転職成功者の体験談から導く!転職活動で成功する人と失敗する人の違い

【転職の疑問を解決!】転職エージェントが無料の理由

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

おまとめ記事転職まとめ記事

転職ファインダー

トップへ戻る
トップへ戻る