転職がうまくいかないときの解決策!4つの転職活動見直しポイント

2016.8.5 公開 | 2017.5.17 更新

pixta_16518161_L

転職がなかなかうまくいかず、「自信喪失」「モチベーションが保てない。」そんな人のためにどこでうまくいっていないのかの突き止め方、その対策を解説。

*記事内容*

  • 企業・業界・求人選びの見直し
  • 転職は今がベストタイミングか
  • 面接・提出書類の注意点
  • 転職に最善の環境を整える

こんにちは。転職エージェント研究所のアイです。

転職活動をスタートして、求人に応募してみたものの、
「なかなか思うように選考を通過できない」
「内定がもらえない」
など、自信喪失状態で、転職のモチベーションを保つことができない方や、行き詰ってしまったりと、つまづく人も多いようです。

そんな時は転職がうまくいかない原因をつきとめて、方針・方向を立て直す必要があります。
盲点となっていた点がどこなのか、気づくことが重要です。

今回は転職活動がうまくいかないときに見直すべき○○つのポイントをご紹介します。

企業・業界、求人選びの落とし穴

企業や業界を広げられる余地はないか

「転職するなら絶対安定の大企業」

などと、思い込んでしまっていませんか?

現在は中小企業やベンチャーでも十分安定しているところはあります。
また、絶対安泰と思っていた大企業でさえ、最新テクノロジーや新サービスの登場などにより衰退する可能性だって十分あるのです。

在職中の会社が不安定で、安定している企業に就きたいと考える人も多くいるようですが、「安定企業に入りたい」という気持ちが先行してしまうとなかなか転職活動も思うようにいかなくなってしまいます。

また、
「よくわからないから知らない業界はいいや」
と、選択肢を狭めていないでしょうか?

職種に希望があるなら、様々な業界の同じ職種の求人を探して、視野を広げてみましょう。
思わぬ業界で、面白そうな求人に出会えるかもしれません。

応募する求人の選び方

応募する求人は、自分の転職市場価値に合っていますか?
転職に夢を抱くあまり、高望みをしてしまっていないでしょうか?

転職市場が盛り上がっている昨今ですが、転職者が増えているとはいえ自分に見合わない求人に応募してばかりいては、なかなかうまくいきません。

理由も明記せず、またはやわらかい言葉でお断りされる場合も多いのでなかなか気付けなかったりすることがあります。

書類の時点で通過できない場合は、実力が足りない場合の他に、自分の持ち合わせているスキルを書面でうまくアピールできていないのかもしれません。

今自分の持ち合わせている経験とスキルをもう1度丁寧に洗い出してみましょう。

本当に転職するタイミングは今なのか

現在の経験・スキルが希望する条件の求人レベルに達しているか

前章の話とも少し重なりますが、自分の経験・スキルで満足のいく転職ができそうかどうか、もう1度考えてみましょう。

転職は回数が重ねる度に、都度その理由を説明する義務が発生します。
その時、「前回の転職は失敗だった」ではなかなか良い印象にはつながりません。

挑戦する気持ちももちろん大切ですが、すこし機会を見送って、自分のスキルや経験を磨いてから再度挑戦するという選択肢も考えてみましょう。

また、転職は今の会社が嫌だという理由だけでは、人事担当にもやる気が伝わらずなかなかうまくいきません。

転職のきっかけはなんであれ、転職する理由にキャリアアップなどのポジティブな希望を見出すことも重要です。

面接で見直すべきこと

軸や条件を見直す

面接や面談で、すらすらと答えていても、なかなか選考を通過できない人がいます。

理由は以下の3つが考えられます。

≪1≫ 単純に会社の社風や求める人物像に一致しない

これはその会社にご縁がなかったということです。
人事担当に合わないと思われてしまったのなら、入社してもうまくいきません。

そして、同時に考えられることは、自分に合う会社を探せていない可能性があります。
自分の考えと、社風や理念が合わない会社に無理して応募したりしていないか、振り返ってみましょう。

≪2≫ 回答がすべてどこかで聞いたことあるような定型文で面白味がない

準備して面接に臨むのは素晴らしいことですが、検索ででてきた回答を真似したりしていませんか?

人事は今まで多くの応募者の面接をこなしてきています。
検索で上位に出てくるような回答や回答集にあるようなものは聞き飽きている可能性があることを頭に入れておきましょう。

そして質問の回答には、なるべくオリジナリティとエピソードを交えるようにしてみてください。

≪3≫ 軸がブレていて、一貫性がない

1つ1つの質問にすらすらと答えていても、よく見せようとしすぎてすべての質問の回答を見直すと矛盾点がある場合があります。

人を見る目がある人事には、それは簡単に見抜かれます。

思い当たる点があれば、1度自分の回答すべてを見直してみてください。

質問の回答に改善の余地がある

質問の回答に、まだ良くできる余地はないでしょうか?

面接官を飽きさせてしまっているように感じられたなら、それはまだ改善の余地がある証拠です。

回答に具体性がない
→エピソードを加える。

回答が抽象的だと、イメージにも残りにくくなってしまいます。
回答を根拠づけるエピソードを話せると、追加の質問に繋げられることもあるので、在職中だけでなく幅広く記憶をたどってみてください。

結論ファーストができていない
→だらだらと説明から入らず、簡潔に答えてから説明する。

質問に対してだらだらと回答してしまうと、質問に対する回答が印象に残りません。
また結論ファーストで話す人は、できる人の印象を与えることもできます。

想定外の質問に対応できない
→自己分析を徹底的に行う。

想定外の質問は、たいていその人の性質を知るための質問であることが多いです。
そのため、自分がどんな人間か、どういう思考をもっているかをビジネスと関連付けながら整理しておくと、回答しやすくなります。

そもそも自信がなさそうに話している
→自信をもてる機会を得る

自分では気づいていない部分にも、あなたの魅力があるかもしれません。
友人や家族など、身近な存在に良いところを聞いてみたり、転職サービスを利用して、自信を持って良い部分を聞いてみましょう。

人に評価されることで、自然と話すときに自信も伴ってきます。

焦らないで、転職活動に集中するために

気持ちに余裕がないと余計にうまくいかない

なかなか決まらず気持ちに余裕がなくなってしまうと、焦って転職先を決めてあとで後悔することになる可能性もあります。

自分の市場価値や経験値にあった求人に応募することはもちろんですが、妥協した転職は早期にまた転職を招きかねません。

求人を探していてもわかるように、多くの企業が中途採用を行っており、お金をかけて求人を出しています。

お金をかけた分の人材を確保するために、各社の人事も奮闘しているのです。
経験や資質、求める人物像が一致することで、初めて内定が出ます。

落ち着いて自分を見直す機会をもう1度作りましょう。

転職はご縁

選考においては、求人書面や応募書類だけでわかることは本当に少なく、会ってみて情報を交換し、お互いに判断するものです。

話している雰囲気を気に入られて、採用を決められたり、学生の頃のエピソードで根本的な資質を感じとる人事担当もいます。
意外なところを評価されることがあるんです。

うまくいかないからといって自信をなくしていては、自分を存分にアピールできなくなってしまいます。
転職はご縁です。あきらめずに機会を作り続け、粘り強く取り組みましょう。

また、選考に落ちた理由も、その都度しっかり考えてみることも重要です。

離職中でお金が心配な場合

すでに離職してしまって、お金に心配な人は、アルバイトや派遣などでつなぎの仕事につくこともおすすめです。

もちろん正当な理由なので、転職にそれほど響くことはありません。
時間に融通のきく仕事を探して、転職以外の不安要素はなくせるようにしましょう。

いかがでしたか?
転職活動は多くの方が苦しみながらも、自己実現のために奮闘しています。
方針や方向を見直して、あきらめずに取り組んでみてください。
転職ファインダープラスの姉妹サイト、『転職ファインダー』では、対応地域や職種、特徴から自分に合った転職エージェントが探せる!クチコミや評判、人気ランキング、年収診断もチェックすることができるぞ!
転職エージェントの口コミ・評判比較 転職ファインダー

あなたにオススメの記事

転職活動を始めたら読もう

転職面接で圧倒的に成功率を高める5つのポイント

転職準備や気持ちを整えよう

ブラック企業を回避して転職をする方法

あなたに合う転職情報、届けます

IT業界未経験者向け転職マニュアル!IT業界の基本と転職術

4200人の年収アップ額も大公開

30代の転職実態調査!年収アップ成功率と転職活動重要ポイント

Special

リクナビネクストのグッドポイント診断を試してみた~助手のアイさん編~

転職準備や気持ちを整えよう

「仕事辞めたい」と検索するあなたへ

転職ファインダー

キャラクター紹介キャラクター紹介

転職ファインダマン

転職ファインダマン
転職エージェント研究所の所長。転職のことなら何でも知ってる。おせっかい。

助手

助手
ファインダマンの助手。元大手企業の人事担当。冷静。たまに読者に喋りかける。

鈴木 一郎

鈴木 一郎
転職活動中のサラリーマン。転職の悩みを毎回研究所に持ってくる。

ピックアップピックアップ記事

プロと転職成功者の体験談から導く!転職活動で成功する人と失敗する人の違い

【転職の疑問を解決!】転職エージェントが無料の理由

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

おまとめ記事転職まとめ記事

転職ファインダー

トップへ戻る
トップへ戻る