転職の成功率を高めるたった3つの準備事項

2016.8.19 公開 | 2017.5.17 更新

pixta_20426855_L

こんにちは。転職エージェント研究所のアイです。

転職を始めるとき、必要なことはなんだと思いますか?

初めての転職だったらなかなかわからないですよね。

実は、転職の準備をしておくことで、転職活動をスムーズかつ有利に進めることができます。

その理由と準備が必要なことを今回はご紹介します。

転職の準備が成功の鍵を握る

転職の成功を分けるカギは、転職活動の各段階において必要となる事項をいかに自分にとって最上のレベルに仕上げられるかということです。

初めての転職活動で、準備時間もろくにないまま急いで進めて、その段階まで仕上げることができる人はまずいません。

まずは”準備”が転職の成功を分けるポイントについて、転職活動の段階ごとに解説してきます。

最重要!自己分析の準備

転職活動の準備で最重要となるのは、自己分析です。

実はこの自己分析は、転職活動の多くの段階で非常に重要となってくるのです。
そのため、適当にすまそうものなら、転職活動全体に響きます。

自己分析のゴールは、わかりやすいようで、実はとっても見えにくいものです。

これで大丈夫だろうと思っても、人に伝えてみるとまだまだ抽象的で分析が足りない部分が見えてきたりします。

自己分析の準備事項

自己分析とは具体的にどのようなことするのかというと、

・転職がしたい理由、きっかけ
・今後のキャリア、目標
・自分の特徴、人間性、仕事への姿勢

この3つになります。

これだけであれば時間もかからず簡単な気がしますが、この3つを具体的にし、人事担当に伝わりやすく、さらに信憑性を持たせなければなりません。

この作業が、実は多くの人がうまくできずに転職活動でつまずく要因となるのです。

「転職がしたい理由、きっかけ」をどこまで考えるか

「転職がしたい理由、きっかけ」は、転職の面接で必ず聞かれる事項です。

理由やきっかけがネガティブだったり、言いづらい内容だからといって、オブラートに包んだ言い方やありがちな理由を回答する人も多いようですが、これはほとんどの場合通用しません。

具体的にどんなエピソードがあったのか、それを感じた理由や、どのような場合解決されるかを聞かれることになるからです。

転職の理由やきっかけを問うことで、人事担当はその人が望んでいることや、採用後も同じような理由で転職する可能性を探ります。

曖昧な表現で「わかりました」と納得してもらえるような事項ではないのです。

なので、ネガティブな「転職がしたい理由、きっかけ」であってもそのまま伝えることが大切です。

そしてどんなにネガティブな「転職がしたい理由、きっかけ」であったとしても、人事担当を頷かせる方法があるので安心してください。

実際に転職に成功した人の中には、

  • 会社の業績が悪化
  • 社長との意見の食い違い
  • 社風や理念に共感ができない
  • 人間関係がうまくいっていない

などの理由を伝えている人もたくさんいます。

ただし、不当な評価を感じている場合や会社への不満は、人事担当者に理解してもらえる要素が揃っていなければ難しいので、それを証明できるようにしましょう。

「今後のキャリア、目標」をどこまで考えるか

「今後のキャリア、目標」は、「転職の理由、きっかけ」から繋げることで説得力を持たせます。

それにより、どんなにマイナスな印象の「転職の理由、きっかけ」も、今後の成長したい意欲としてプラスな印象で終わることができます。

「今後のキャリア、目標」を導くステップは以下です。

▼STEP 1
希望職種から、その後どのようなキャリアステップを踏みたいのか、その可能性があるのかをリストアップする

▼STEP 2
STEP1で出たキャリアステップに基づいて、わかりやすく伝える前に自分の3年後、5年後、10年後のキャリアを考える

▼STEP 3
STEP2で考えた、3・5・10年後のキャリアを達成するために必要な要素を考える

▼STEP 4
出来上がったキャリア設計を、誰かに聞いてもらい、フィードバックを受ける

今後の希望するキャリアを考える上でのポイントは、”成長意欲”を示せる内容であることです。

目標が簡単であるほど、その人の伸びしろややる気はそこまでと感じられてしまいます。
また、キャリアが曖昧すぎた場合にも、成長意欲があまり伝わりにくいので、毎年成長を続けることでたどり着けるキャリアを描きましょう。

キャリアステップは、業界や職種によっても変わってきますので、わからない場合は求人募集などに記載のあるキャリアステップや、募集されている役職名などを調べるのがお薦めです。

「自分の特徴、人間性、仕事への姿勢」の必要な要素

人事担当は、その人の人柄から、企業の社風や配属部署への適応可能性、伸びしろを判断します。

そして、入社後のミスマッチをなくすためにも非常に重要な事項です。
自分を偽って入社できたとしても、入社後にはすぐにわかってしまいます。

「自分の特徴、人間性、仕事への姿勢」を示す上での重要な要素は、以下になります。

  • 長所を理解した上で、活かし方をわかっている
    例:「私の長所は○○なので、△△するのが得意です。」
  • 短所を理解した上で、対処法をわかっている
    例:「私の短所は○○なので、よく△△してしまうのですが、そんなときは××するようにしています。」
  • 自分のベースとなる考え方を説明できる
    例:「私は普段から○○について、疑問を抱いています。なぜなら~だからです。」
  • どのような仕事がしたいかを明確にする
    例:「私は今まで仕事をしてきた上で、○○するときに喜びを感じてきました。そして△△して会社に貢献できたらと思っています。」

上記に含まれる例は、あくまでイメージするための例になります。

ポイントは、

・自分をよくわかっていてコントロールできるかどうか
・自分の考えについて、しっかりと根拠づけながら説明できるか
・仕事に対する考え方が、独りよがりでなく、意欲があるか

など、意外にもここで人事担当は仕事ができそうかどうかも判断してしまいます。
その人の考え方は、仕事の取組みにも直結するからです。

もちろん、企業や求人によって求める人物像も異なってきますので、そこに一致するかどうかも判断基準です。

履歴書、職務経歴書の準備

必要になってからでは時間がない

履歴書や職務経歴書は、いざ応募を決めてから準備に取り掛かる人が多いのですが、実はそれではあまり時間がとれず、精度も高くないまま提出するはめになることがあります。

求人は、募集される期間が限定されていたり、先に応募した人が先に決まってしまえばそこで終了となります。

応募するなら、見つけたそのときにするのが理想的です。

応募と同時に、履歴書と職務経歴書を求められることもあれば、最初から面接の場合はそれまでの提出を求められることもありますが、どちらにしても準備ができているのといないのとでは差が付くところです。

なので、事前に書ける項目をしっかり精度が高い段階で準備できていれば、応募先に関連する項目を埋めるだけで迅速に応募を進めることができます。

さらに、ここで先ほどお話しした「自己分析」ができていることによって、履歴書や職務経歴書の作成もスムーズに進めることができるはずです。

面接に備えること

面接は、どれだけ頭の中で自分の話したいことやアピールしたいことが整理できているかがとても重要です。

もちろん緊張具合によってもうまく話せるかどうかに影響しますが、それはほとんどの人事担当者も承知で聞いてくれています。

ここでも重要になってくるのが、自己分析です。

自己分析で自分を客観的に見ることによって、改めて気づくことはたくさんあります。

「これを聞かれたときは、こんなふうに答えよう」と意識して考えておくことで、緊張していてもしっかり答えられるようにしておきましょう。

できれば、転職の面接シミュレーションサービス等を利用して、実演練習をしておくことも非常に有効です。

いかがでしたか?転職は急いで進めるとミスや失敗が起こりやすいものです。
しっかり準備を進めて、後悔のない転職を実現してください。
転職ファインダープラスの姉妹サイト、『転職ファインダー』では、対応地域や職種、特徴から自分に合った転職エージェントが探せる!クチコミや評判、人気ランキング、年収診断もチェックすることができるぞ!
転職エージェントの口コミ・評判比較 転職ファインダー

あなたにオススメの記事

転職活動を始めたら読もう

転職面接で圧倒的に成功率を高める5つのポイント

転職準備や気持ちを整えよう

ブラック企業を回避して転職をする方法

あなたに合う転職情報、届けます

IT業界未経験者向け転職マニュアル!IT業界の基本と転職術

4200人の年収アップ額も大公開

30代の転職実態調査!年収アップ成功率と転職活動重要ポイント

Special

リクナビネクストのグッドポイント診断を試してみた~助手のアイさん編~

転職準備や気持ちを整えよう

「仕事辞めたい」と検索するあなたへ

転職ファインダー

キャラクター紹介キャラクター紹介

転職ファインダマン

転職ファインダマン
転職エージェント研究所の所長。転職のことなら何でも知ってる。おせっかい。

助手

助手
ファインダマンの助手。元大手企業の人事担当。冷静。たまに読者に喋りかける。

鈴木 一郎

鈴木 一郎
転職活動中のサラリーマン。転職の悩みを毎回研究所に持ってくる。

ピックアップピックアップ記事

プロと転職成功者の体験談から導く!転職活動で成功する人と失敗する人の違い

【転職の疑問を解決!】転職エージェントが無料の理由

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

おまとめ記事転職まとめ記事

転職ファインダー

トップへ戻る
トップへ戻る