転職の方法が180度変わる!スカウト転職のメリットや利用のコツ

2016.7.21 公開 | 2017.5.17 更新

Google Chrome

記事内容
  • 転職スカウトサービスの特徴
  • スカウトサービスのメリット・デメリット
  • スカウトサービス利用時のポイント
  • おすすめスカウトサービス

こんにちは。転職エージェント研究所のアイです。

「転職の方法ってどんなのがあるの?」
「転職って求人探すのすごく時間がかかって面倒・・」
「求人多すぎ・・」
など、応募先を絞り込むことのは、いろいろ大変そうなイメージがあると思います。

そんなとき、自分に興味を持った企業から連絡が来る転職スカウトサービスは
とっても魅力的ですよね。

でも、「転職スカウトって実際どうなんだろう‥」
「自分でもうまく利用できるかな?」
と不安や疑問をお持ちの方も多いと思います。

そこで今回は、転職スカウトサービスのメリットやデメリット、利用に際してのコツやポイントをご紹介します。

 

  • 転職ファインダマン

    転職エージェント研究所の所長。転職のことなら何でも知ってる。おせっかい。

  • アイさん

    ファインダマンの助手。元大手企業の人事担当。冷静。たまに読者に喋りかける。

  • 鈴木一郎

    転職活動中のサラリーマン。転職の悩みを、毎回研究所に持ってくる。

転職スカウトってどんなサービス?

所長、聞きたいことがあるんですが、転職スカウトって何ですか?
鈴木さん、今日も突然だね!ワッハハ!急にどうしたのかな?転職スカウトが気になっているのかい?
そうなんですよ~。俺の大学の友人が転職したんですよ。参考にしようと思って聞いてみたら、スカウトがきっかけだと言っていたので。何それって思って!?
そういうことか!鈴木さんの友人はスカウトサービスに登録して転職を成功させたんだね。
スカウトサービス?
そう、転職スカウトサービスだ
聞きなれないかもしれないが、求人サイトや人材紹介サービスに自分のプロフィール(職務経歴)を登録することで、企業や人材紹介会社からスカウトを受けられるサービスだ!

要は登録することで、自分のキャリアやスキルが求人企業のニーズにマッチすれば、企業から直接オファーが届き、自分で探さずに転職先を選ぶような形になるんだ。
また企業や職種のオファーによっては、意外な転職の可能性が広がることもあるんだよ!

本当ですか!?何もしていなくても?
そうだね。上手く活用すれば転職活動はスムーズに行えるだろう。

スカウトサービスにも種類があって企業からのスカウトと人材紹介会社からのスカウトがある。

▼企業からのスカウト
人事担当者がスカウトメールを送ってくるパターン。応募を促す内容に加えて、一次面接免除などの特典が付く場合もある。

▼人材紹介会社からのスカウト
キャリアコンサルタントから連絡があるパターン。転職エージェントとしての魅力をアピールする内容に加えて紹介予定案件なども一緒に送ってくる場合もある。

そうなんですね。すごく楽で良さそうですね!
まったく・・・。でも、覚えておいて損はないですよ。上手く活用できればかなりスムーズに転職活動が進みますしね。
そうだね。どちらのパターンもスカウトメールに対して意思表示をした後、企業の場合は書類選考へ、人材紹介会社の場合は面談へと進んでいくんだよ!
はい!早速登録してみようかと思うんですが、スカウトサービスって俺にフィットしますかね?
そうだな~。では、転職スカウトサービスの特徴からどんな人におすすめかを考えてみようか!
お願いします!

転職スカウトはこんな人におすすめ

説明してきた通り、転職スカウトサービスは企業の人事や人材紹介会社からオファーを貰える便利なサービスだ。人事担当やキャリアコンサルタントは転職活動者のWEB履歴書を見てスカウトメールを送ってくる。

つまり、キャリアやスキルを見ている!だからこそ「自分のスキルを活かせる転職がしたい!」と考える人におすすめのサービスと言えるだろう。

スカウトメールがきたら自身のどこに惹かれて連絡がきたかを文面を見て把握することも可能だ。だからこそ、その後の面接等の対策も考えやすい!

さらに細かい条件でみると、

マッチング度アップ

企業の人事やキャリアコンサルタントは自社や紹介予定企業とのマッチ率が高い人材へ連絡をするため、転職活動においてマッチング度を高めたい人にも良い。

急がない人にもおすすめ

スカウトメールを待つスタイルのサービスのため、「すぐに転職は考えていないが、良い企業があれば転職したい!」と考えている人にも魅力がある。

こだわれる

スカウトサービスによっては、企業規模・業種・年収などの条件設定をして登録することができるため、こだわった転職活動が希望の人にもおすすめだ。

良いことだらけで、俺に向いてそうです!もうすぐに登録したくなっちゃいますね!

転職スカウトのメリット

まだまだいいところはある。

転職スカウトサービスのメリットは特に3つ!

通常の自分自身で応募する方法とは違い、企業の人事担当やキャリアコンサルタントが「応募をしてほしい」と感じて連絡をくれるから、通常の転職フローと比べるとうれしいポイントも多い。

通常の応募フローより気が楽

スカウトメールの特徴として、「一度会って意見を交換したい」「お互いのことを知る意味で面談がしたい」といった内容が多く見られる。

そのため、通常の転職活動者が企業にエントリーするのとは違い、応募しやすいのがポイントだ!

確かに!気軽に返信できそうですよね!
また、企業や人材紹介会社からのオファーのため、通常の転職フローより主導権がが転職活動者にあるのもポイントですね。
おぉ~!!早くスカウトの連絡ほしいです!

最初はオフィス見学や事業・企業説明のお誘いが多い!

企業や人材紹介会社は、スカウトメールで連絡した転職活動者に応募してもらいたいといったインサイトがある。

だからこそ、まずは自社を知ってもらうために説明会やオフィス見学などの場をセッティングしオファーをしてくるケースが多い!
じっくりと転職活動をする人には嬉しいポイントだ!

スカウトを貰った企業をじっくり知ることができるので、失敗する可能性が低くなるだろう!

普段知ることができない部分をじっくり見てからでOKなんですね!これは本当にメリットですよね!

説明後に選考に進むかどうかを確認してくれる

先ほどもアイさんが説明してくれていた通り、特に選考に進むまでは、主導権は転職活動者にあるため、説明会やオフィス見学のあとに選考応募に進むかどうかの確認をしてくれるのも特徴だ。

自身が転職する企業のリアルな情報を知ったうえで応募できるため、「本当に転職したい!」と思える企業に応募できる。

一つひとつの企業を見極められるのが通常の転職活動の応募とは違うポイントです。

転職スカウトのデメリット

転職スカウトは良いところばかりではない。メリットは沢山あるが、少なからずデメリットもある。
しっかりと把握して利用するときに気を付けよう!

スカウトが来た数だけ、お断りが必要?

スカウトサービスのメインともなるスカウトメールは、余程のことがない限りは返答をする必要があるため、対応に追われる場合もある。

スカウトサービスのスタイルにもよるが、社会人として、連絡をもらったならば、基本的には対応することが望ましい。

どうしよう・・・。俺もきっと対応に追われそう・・・
いや・・・、大丈夫ですよ、鈴木さんは。
あのねぇ、一言多いんだよ、いつも!

急ぐ人には厳しい場合も…

他にもあるぞ!転職スカウトは基本的には「連絡待ち」のスタイルだ。そのため、転職をすぐにしたいと考えている人には向いていないサービスだ。

またスカウトがきても自分自身にあうものや興味があるものが絶対にくるわけではないため、難しいところもある。

だからこそ転職スカウトサービスをうまく利用する必要がある。次はそのコツを説明しよう!

転職スカウトサービスをうまく利用するコツ

転職スカウトサービスにおいて、企業や人材紹介会社は何を見てオファーをくれるんだったかな?

各転職スカウトサービスに登録したWEB履歴書ですよね!

その通り!企業や人材紹介会社とのマッチング精度やスカウトの数を増やすといったことにも繋がるからWEB履歴書は大切なポイントだ!スカウトでチャンスを増やすための事前準備から面接や面談までのコツを3つ説明しよう!

入力箇所はなるべく詳細を!

「この人に応募してもらいたい!」と企業の人事担当者やキャリアコンサルタントに思ってもらうためには、すべてを具体的に記入しよう!
採用担当者は転職活動者の実績・経験・スキルを、よりイメージしやすくなりオファーをしやすくなるだろう!

スカウトサービスの中には、どのように履歴書を充実させるかフォローしてくれるところもある。

職歴や自己PR部分はポイントを押さえてしっかり!

そして、多くの転職スカウトサービス登録者から、選んでもらうためには、実績やスキルがすみやかに伝わるよう、経験をそのまま列挙するのではなく、整理・要約して記載しよう。
採用担当者に分かりやすく伝えることが重要だ!

思い切って企業にいろいろと質問してみよう

気になる企業には前置きなしで本題をズバリと聞いてみよう!

企業や人材紹介会社も転職活動者の魅力に惹かれてオファーの連絡をしているため、腹の探り合いのような面接や面談をする必要がないはずだ!しっかりと聞きたいことを質問して自分自身にとってどうかを見極めよう!

ありがとうございます!俺も転職スカウトサービスに登録してバリバリ頑張ってみます!
では、最後に転職スカウトサービスのおすすめサイトを紹介しますので、参考にしてくださいね!

転職スカウトサービスおすすめサイト

リクナビNEXT

リクナビNEXT のスカウト機能に登録すると、オープンオファーとプライベートオファーといった2種類のスカウトを貰えるのが特徴。
オープンオファーは企業紹介も兼ねたスカウト。

注目すべきはプライベートオファー。転職活動者を厳選しオファーをするため、期待できる!

>> リクナビネクストを見てみる

DODAスカウトサービス

スカウトサービスのオファー配信数は1カ月あたり約1,770万通以上。1人あたり平均して月に約50通のオファーが届き、選択肢が多いのが特徴。中には「書類選考なし、面接確約」のオファーがくることも!

>> DODAを見てみる

参考記事

 DODAの特徴を徹底分析!

転職ファインダープラスの姉妹サイト、『転職ファインダー』では、対応地域や職種、特徴から自分に合った転職エージェントが探せる!クチコミや評判、人気ランキング、年収診断もチェックすることができるぞ!
転職エージェントの口コミ・評判比較 転職ファインダー

あなたにオススメの記事

転職活動を始めたら読もう

転職面接で圧倒的に成功率を高める5つのポイント

転職準備や気持ちを整えよう

ブラック企業を回避して転職をする方法

あなたに合う転職情報、届けます

IT業界未経験者向け転職マニュアル!IT業界の基本と転職術

4200人の年収アップ額も大公開

30代の転職実態調査!年収アップ成功率と転職活動重要ポイント

Special

リクナビネクストのグッドポイント診断を試してみた~助手のアイさん編~

転職準備や気持ちを整えよう

「仕事辞めたい」と検索するあなたへ

転職ファインダー

キャラクター紹介キャラクター紹介

転職ファインダマン

転職ファインダマン
転職エージェント研究所の所長。転職のことなら何でも知ってる。おせっかい。

助手

助手
ファインダマンの助手。元大手企業の人事担当。冷静。たまに読者に喋りかける。

鈴木 一郎

鈴木 一郎
転職活動中のサラリーマン。転職の悩みを毎回研究所に持ってくる。

ピックアップピックアップ記事

プロと転職成功者の体験談から導く!転職活動で成功する人と失敗する人の違い

【転職の疑問を解決!】転職エージェントが無料の理由

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

おまとめ記事転職まとめ記事

転職ファインダー

トップへ戻る
トップへ戻る