第2新卒の転職成功の秘訣!時期や企業選びの重要ポイント

2016.7.20 公開 | 2017.4.10 更新

pixta_21883949_XL

*記事内容*

  • 第2新卒の転職とは
  • 第2新卒の採用ニーズ
  • 第2新卒の転職活動のポイント
  • 第2新卒特化のサービス

こんにちは。転職エージェント研究所のアイです。

「転職を考えているけど、新卒で入社してまだ3年未満…転職なんてできるのかな」

など、早くも会社とのミスマッチなどから転職を考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

「転職できても、今の会社より条件の良い企業は難しいかも‥」
など、第2新卒の転職はマイナスなイメージを持つ方や不安が大きく、転職を踏みとどまる方も多いかもしれません。

そんな方に、今回は第2新卒枠の概要から、再就職成功へ導く重要なポイントまでご紹介します。

 

  • 転職ファインダマン

    転職エージェント研究所の所長。転職のことなら何でも知ってる。おせっかい。

  • アイさん

    ファインダマンの助手。元大手企業の人事担当。冷静。たまに読者に喋りかける。

  • 鈴木一郎

    転職活動中のサラリーマン。転職の悩みを、毎回研究所に持ってくる。

第2新卒の転職って?

所長!ちょっと聞いて下さい!かわいがっていた後輩が、急に会社を辞めて転職するって言うんです!まだ2年目なのに、先を越されてしまいます!!

いわゆる「第2新卒」での転職ですね。最近増えてますよね

第2新卒?何ですかそれ?

学校等を卒業して、一旦就職したが早期に退職して転職を志す人のことだよ。

えっ俺も新卒で入った会社を辞めるか迷ってますが、俺も第2新卒になるんですか?

・・・そんな訳ないじゃないですか。今何年目ですか・・・

入社したのが、22歳だから・・・今7年目ですね!

そもそもいつまでが第2新卒なの?

7年目の鈴木さんは、もちろん第2新卒枠からは外れてしまう。

第2新卒というのは、新卒で入社した会社を短期、だいたい1年未満~3年で退職した人を指すんだ。
先ほど鈴木さんが言っていた後輩はまだ2年目だから、第2新卒になるね。

仕事における経験値は高くないが、若手を採用したい企業側のニーズがあるから転職活動市場では注目されているんだ!

なるほど・・・でも経験もなしに転職できるなんてお得ですね!いいなぁ~

第2新卒のメリットデメリット

デメリットがない訳ではないんだ。

まずは、「入社してすぐに会社をやめるのだから、忍耐力が懸念されること」と思われがちであること。
また、社会人としての経験値が少ないことで、転職活動時にアピールできるポイントも限られてしまうよね。

えっ、そしたら第2新卒なんてメリットないじゃないですか?

そんなことはない!まず、本人にとってのメリットは、新卒で入社した企業に対して「社風と合わない」「自分のキャリアプランと違う」といった悩みを、早期に軌道修正できることが大きい。

また、年々第2新卒を対象とした求人も増えてきているから、転職活動する上で求人がないということもまずない。幅広い選択肢の中から、自分の次の道を選べるだろう。

第2新卒で転職を考えている諸君は、まず何故辞めたいのかを明確にしておくと良い。

「何となくツラい」「上司がイヤな人だった」等、どの企業でも起こるであろう理由だと、次の転職が上手くいったとしても同じことでつまずいてしまうからね!

第2新卒の転職の気になる疑問

なるほど・・・俺は、入社してからの3年間は楽しかったから考えなかったけれど、そんな早くに辞めて不安はないのかな・・・

あると思いますよ。研究所に寄せられる悩みで多いのは、退職時期と年収に関することですかね。あとは、採用する企業側が第2新卒に対してどう思っているのかですね。

時期は早いほどデメリットが大きい?

転職の時期は、辞めるのが早ければ早いほど「忍耐力ない」と思われて不利になりそうですけどね。

一概にそうとはいえない!大切なのは、早期退職の「理由」であって「時期」ではない

例えば、サービス残業・休日出勤は当たり前という企業に就職してしまい、身体がついていかなくなるような場合、入社してからの「時期」は全く関係ない。

一方「時期」が関係するとするならば、人間関係や配属先が理由の時だ。
イヤになったから辞めたのではなく、一定の期間は上手くいくように自分なりに努力をしたという実績がないと、選考過程で躓くことがあるだろう。

年収ってどうなるの?

転職したらやっぱり年収アップですよね?

もちろん、転職して年収が上がるケースもある。

特に、第2新卒は業界や業種を変えての転職も十分にあるから、転職先の業界の給与水準が高い場合、年収はアップする可能性は高い。

しかし、第2新卒で転職を考える際に、年収アップだけを目的にした転職活動は避けた方がいい。

通常の転職と違って、企業側も「未経験者」として採用する。

第2新卒はあくまで「未経験者」として見られていることを忘れてはいけない。だからこそ、年収交渉は難しいと思った方がいい!

第2新卒可の企業や人事が考えていることって?

なるほどなぁ・・・でも企業側はどうしてわざわざ「未経験者」を採用するんですか?

昔は、「石の上にも3年」ということわざがあるように、3年勤められなかった人=我慢がない人という見方をされがちだったが、今はそのような見方も変わってきている。

その大きな理由は、企業側としても第2新卒を採用するメリットが多くあるからだ。

今後事業の中核を担ってくれる若手社員は、どの企業も求めている一方で、若手社員を採用することは、非常に難しいといわれている。

新卒は、通常の中途採用よりも採用コストも教育コストもかかることが多い。
特に新卒者を沢山採用できない企業の場合はなおさらだ。

しかし、第2新卒は既に社会人経験がある。
業界や業種の経験は少なかったとしても、最低限のビジネスマナー研修を受講しており基本的な社会人スキルは身についていることが多い。

だから、第2新卒者は企業からするとコストがかからない理想的な若手社員といえる。

コストコストって・・・結局金がかからないってだけですか?

企業側にとって、それはもちろんメリットであることに違いはないが、それだけじゃないんだ。

第2新卒者は、社会人経験が浅い分、柔軟な思考ができると考える企業も多い。

キャリアを積んだ中途採用の場合、前職での企業文化の影響を強く受けていることもあり、転職先の社風になじむのが大変というのはよくある話だ。

第2新卒であれば、自社の企業風土にもなじみやすく、若いからこそ成長する可能性も高いと期待しているんだ!

俺の後輩は、早々に転職活動をはじめているんですが「第2新卒歓迎!」の求人が多いと言っていました。企業側のニーズが大きいんですね。

ニーズがあることは良いことだけど、第2新卒だからこそ気を付けなくちゃいけないことも多いんですよね。

企業選びのポイント

そうだ。実は、第2新卒は異業界・異業種への転職の最大のチャンスといっても過言ではない!

だからこそ、業界・業種選びはしっかり行った上で転職することをオススメしたい。

求人を出している企業が、業界ではどのような位置づけで今後どういう事業計画をしているのかはチェックした方がいいだろう。

また、社会人経験を経たからこその視点で選ぶことも大切だ。

例えば、自分が実際に働いてみたからこそ、「働きたいと思う企業」「働きたくないと思う企業」のポイントは新卒の時とは変わっているはず。
そこのポイントを見直すことも必要だろう。

育てる余裕がある企業が安心

それと、可能であれば入社後の教育環境についてもチェックした方がいい。

社会人経験があるといっても第2新卒は、既にキャリアを積んだ中途採用とは違う。
マナー研修はなくとも、業界や業種に関することを教えてくれる制度や仕組みがないと、成長のしようがない。

OJT(オンザジョブトレーニング)の制度を取り入れている企業も多いが、ついた先輩があまりにも多忙で全く教えてもらえないという話も聞くから、後輩を育てる余裕がある企業を選んだ方が、自分の今後のキャリアを築いていく上でも安心だ!

なるほど!大事なことですね。伝えておきます!ちなみに、来週面接に行くらしいんですが、面接なんて久しぶりだから不安って漏らしていました。何か先輩らしいアドバイスできませんかね?

転職活動時のポイント

それなら、必ず押さえておきたい、転職活動時のポイントがあるから説明しよう。

前段でも話したが、第2新卒=我慢ができない人と思われてしまうこともある。
しかし、面接でアピールできるポイントも多い。きちんと準備して臨めば大丈夫だ!

転職理由と今後のキャリア希望をはっきり!

まず、面接で絶対に聞かれる「転職理由=前職を早期で辞めた理由」は明確に答えられるようにしよう。

我慢ができなくて衝動的に辞めたのではないことが分かる内容でまとめておくと良いだろう。

そして、自分のキャリアプランを転職理由の中で述べることを勧めたい!あくまで転職は前向きなもので、自分の成長のためであると伝えよう。

面接の前に、必ず自分の今後のキャリアプランや希望について答えられるように準備しておこう。「若くてヤル気がある」という大きなアピールポイントになるだろう。

不安だからといって、安易に転職先を決めない!

もうひとつアドバイス。第2新卒の求人が増えているといっても、新卒ほどの多さではない。
本当にこれで良かったのか、若い分不安に思うことも多いだろう。

しかし、そこが正念場だ!「仕事をしていなくて不安・・・」「今の会社を辞めたいから転職したい」という理由で次の職場を決めることだけはやめよう!

第2新卒にとって大切なのは、次の会社も短期離職にならないことだ。自分がある程度の期間働ける、働きたいと思える企業に就職しよう。

分かりました!あいつもきっと色々不安でしょうから、俺がびしっとアドバイスしておきます!

・・・所長の受け売りですけどね・・・。
ちなみに所長!おすすめの転職サービスってあったりしますか?

頼もしい第2新卒向け転職サービスも続々登場!

そうだな。
はじめての転職や早期離職で不安も多い第2新卒向けのサービスも増えているから、チェックしてみるといい。

特化サイトの特徴

例えば、第二新卒AGENTneo
このサイトは第2新卒はもちろん、フリーターの方の転職の実績も多く、キャリアコンサルタントによる相談など手厚いフォローが特長だ。

面接対策なんかもバッチリやってくれるんだね!

うむ。そしてもうひとつ、第二新卒ナビも既卒マーケットへの知見や完全個別のサポートが魅力のサイトとなっている。

このように、特化サイトは、第2新卒の不安を和らげる、手のかゆいところまで届いたサービスが特長だ!ぜひ利用してみてくれ!

転職ファインダープラスの姉妹サイト、『転職ファインダー』では、対応地域や職種、特徴から自分に合った転職エージェントが探せる!クチコミや評判、人気ランキング、年収診断もチェックすることができるぞ!
転職エージェントの口コミ・評判比較 転職ファインダー

あなたにオススメの記事

4200人の年収アップ額も大公開

20代の転職実態調査!体験記から見えてくる転職メリットとリスク

4200人の年収アップ額も大公開

30代の転職実態調査!年収アップ成功率と転職活動重要ポイント

4200人の年収アップ額も大公開

【女性の転職白書】年収の生データも大公開

4200人の年収アップ額も大公開

初めての転職、年収アップ額大公開!

Special

リクナビNEXTのグッドポイント診断を試してみた ~鈴木さん編~

Special

リクナビネクストのグッドポイント診断を試してみた~助手のアイさん編~

転職ファインダー

キャラクター紹介キャラクター紹介

転職ファインダマン

転職ファインダマン
転職エージェント研究所の所長。転職のことなら何でも知ってる。おせっかい。

助手

助手
ファインダマンの助手。元大手企業の人事担当。冷静。たまに読者に喋りかける。

鈴木 一郎

鈴木 一郎
転職活動中のサラリーマン。転職の悩みを毎回研究所に持ってくる。

ピックアップピックアップ記事

プロと転職成功者の体験談から導く!転職活動で成功する人と失敗する人の違い

【転職の疑問を解決!】転職エージェントが無料の理由

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

おまとめ記事転職まとめ記事

転職ファインダー

トップへ戻る
トップへ戻る